2017夏キャンプ in 表富士グリーンキャンプ場 - 建築スタジオブログ一覧 - 名古屋市の住宅設計事務所 江川竜之建築スタジオ

2017夏キャンプ in 表富士グリーンキャンプ場

夏キャンプに行ってきました!

今回は『富士山の見えるキャンプ場』を条件として探しました。

しかし2泊3日のキャンプ中はほとんどが雨と曇りに見舞われ、富士山を見ることができませんでした(ノД`)・゜・。

キャンプ場

森の中にバンガローやキャビンが点在する佇まいのキャンプ場です。

標高が1200mと高い場所にあるので、8月でも気温はそれほど高くなく、過ごしやすい気候でした。

 

 

fuji_02

fuji_04

 

この木々の開けたはるか向こうに、富士山が見えるはずなのですが・・・

キャンプ場のスタッフ曰く、ここ10日間くらいずっと富士山が見えていないとのこと。そんなことは珍しいそうです。。。

日頃の行いのせい???

 

 

キャビン 

今回宿泊したキャビンです。テラスに屋根が付いているタイプだったので、雨でものんびり過ごすことができました。

キャビン前に焚き火台が付属していたので、持参の焚き火台は出番がありませんでしたね。

fuji_01

 

レッツBBQ!

一日目は到着して荷物を降ろして、グッズを広げて・・・と、いつも場をつくるだけで暗くなってしまいます(-_-)

fuji_08

 

 

 

毎度、定番の棒付フランクフルトです。

必ず最初にこれを焼いて、ハフハフ食べながらビールを飲み、焼き仕事を続けます(^^)

 

 

 

 

 

ひぐらしの鳴き声を聴きながら、少しずつ薄暗くなっていく森の様子を、テラスに座りながら家族でゆったりと体感することができました。

 

朝ごはん

一夜を過ごし、朝を迎えました。

昨晩は肉ばかりを食べ過ぎていた長男が、夜中に嘔吐...シャワー付きのキャビンにして正解でした。

やはり野菜をもっと食べさせないといけないですね。。。

fuji_10

って朝ごはんもベーコン・ソーセージてんこ盛りです。。。

キュウリ、トマト、ピーマンを挟むも、なかなか食べてもらえません。

fuji_11

せめてヨーグルトで体調を整えることができれば、、、

fuji_12

 

 

 

一日目も二日目も朝ごはんは同じような感じです。

 

 

 

 

 

 

水鉄砲遊び

お待ちかねの水鉄砲遊び開始です!

住まいではできないので、ここぞとばかりに思いっきり撃ち合ってください。

ただし、キャビン側には飛ばさないように!

fuji_15

 

 

先の方の青い部分を前後に動かすことで水が勢いよく発射されます。次男は少し扱い辛そうでした。

すぐに水が無くなるので、補給部隊のパパが大忙しでした( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

隊員一号

fuji_16

隊員二号

fuji_17

ずぶ濡れになってきたので、パンツ一丁になりました。

fuji_19

力を合わせてママをやっつけろぉ~

fuji_18

・・・パパもママもびしょ濡れになりました(≧◇≦)

 

虫遊び

今回は山の中のキャンプ場なので、カブトムシやクワガタを捕まえることもイベントの一つでした。

fuji_03

しかしスタッフに聞いたところ、標高1000mオーバーの高地にはカブトムシは生息していないとのこと。知らなかった。。。

ミヤマクワガタは、たまに見かけるらしいです。

子供たちと散策がてら、クワガタがいそうな木々の幹や根元を探してみましたが、な~んにもいませんでした。残念(~_~)

fuji_25

昼間出かけた先で、虫のおもちゃを見つけ買ってとおねだり。

今回は仕方なく、フェイクの虫遊びで我慢してもらいました。

クッキング

なか日はゆっくりとアウトドアクッキングを楽しみます。

メニューは野菜スープとカレーライスです。

野菜不足になりがちなので、たくさんの種類の野菜をクッタクタになるまで煮込み、コンソメ系で味付け。少し肌寒さも感じるので、あったかいスープがとてもしみました(^^)

fuji_21

カレーは、ど定番の市販ルー味です。バーモンドカレーとジャワカレーの合わせ味がパパ流です。

fuji_22

薪の火力を調整して飯盒炊爨。上手にできました\(^o^)/

  fuji_20

 最終日も残った野菜スープとカレーを温め直して食べました。どちらもよく馴染んでさらにおいしくなっていました\(^o^)/

fuji_29

 

便利グッズ

今回新しく仕入れたグッズがこの多機能テーブルです。

fuji_30

 

 

 

コンパクトなスペースに、重層でいろいろなものを置くことができ、細かい仕様がよく考えられていて、とても使いやすかったです。

これからも重宝するメイングッズになりそうですね。

 

 

 富士サファリパーク

なか日は、一旦キャンプ場を離れて『富士サファリパーク』へ

今回のキャンプ場は、ここが近くにあることも決め手の一つでした。

バスで入場することもできるのですが、マイカーを使う場合、チケットの購入など、全てドライブスルーで行うので、一度も降りることなく場内へ入ることができます。

ゾウは怒らせるとたいへんなので、そぉ~っと進みます。

fuji_40

サイもいました^^

fuji_41

 長男の名前の由来の虎が歩いています。。。大興奮です。。。

fuji_42

 次男の名前の由来のライオンがいました。。。めっちゃ近いです

fuji_43 

『サファリゾーン』とは別に、普通の動物園っぽい『ふれあいゾーン』というエリアがあり、昼食はそこのレストランでいただきました。

カンガルーの撮影スポットがあったので。。。

fuji_45

fuji_46

キャンプを振り返って

夏キャンプはやっぱりいいですね。

夜は少し寒いくらい冷え込む場所だったので、名古屋のうだる暑さから離れて、リフレッシュすることができました。

富士山を見ながらのキャンプができなかったのが心残りですが、それはまたの機会に譲ることとします。そういえば、星空も全然見えなかったですね。

あっという間の2泊3日間でしたが、子どもたちの夏の思い出の一つになったかな。

今年は秋キャンプに行けるかな。。。

  • この記事をシェアする
CONTACT
個別に無料相談も随時受け付けています。
お気軽にお問合せくださいませ。
052-433-1930受付時間 9:00-18:00(日祝定休)
お問合せフォーム
NEWS