東浦町の『ワンフロアLDKの家』 屋根・外壁検査 - 建築スタジオブログ一覧 - 名古屋市の住宅設計事務所 江川竜之建築スタジオ

東浦町の『ワンフロアLDKの家』 屋根・外壁検査

東浦町の 『ワンフロアLDKの家』 の屋根・外壁検査に行ってきました。

 

しばらく現場の進行をアップしていませんでしたが、監理業務はしっかりと行っておりました。

今回は1月末に実施しました屋根・外壁検査についてアップいたします。

外廻りの工事を終えると足場を外すのですが、その前に屋根・外壁の検査を行い、指摘事項があれば足場があるうちに手直しをしてもらいます。

まずは屋根に登り、ガルバリウム鋼板タテハゼ葺きのチェックを行いました。

今回は、板金職人さんが自前の工場で折るのではなく、メーカー工場でつくられる既製品の屋根材を採用したので、立上り(出っ張り)のハゼの部分のおさまりも統一化されています。

さらには大屋根は片勾配で継ぎ目がないので、チェックする箇所の少ない仕様となっています。継ぎ目がないので、隙間からの漏水の心配もありません。

 

IMG_2657

 

 

大屋根の下端に軒樋があるのですが、検査時にうっすらと軒樋の中に水溜まりがありました。

軒樋は雨水を竪樋まで運ぶ重要な役目を担います。よって途中で水が溜まるということは、勾配がしっかりと確保されていないことになりますので、指摘事項として監督さんに是正指示をしました。

 

 

 

 

 

IMG_2662

外壁に取り付くベントキャップという部位のチェックを行います。

キッチンの換気扇、トイレの換気扇などからの排気や、居室に新鮮空気を入れる給気口などは、外部と繋がっているのですが、そのままだと雨やら風やら虫やらが入るので、このベントキャップという部材で、それらの進入を防ぎつつ空気を流出入させます。

外壁材との隙間を無くすために、この丸い形状の周辺にコーキング材をうつこともあるのですが、今回は中でしっかりコーキングし、外側はうたないこととしました。

外側にうつと、そこに塵や埃が付着し、雨の際にそれらが壁を伝い、外壁面に雨垂れによる汚れを付着させることがあります。

どっちが正解という訳ではないので、現場毎に監督さんと協議して決めています。

 

IMG_2650

 

地面と接しているコンクリートの基礎立上り部分に、うねうねとランダムな水平ラインが見てとれます。

コンクリート基礎の立上り部分を打設する際の打ち継ぎラインにあたります。水が浸入しやすい箇所となるので、この後モルタルでしっかりと押さえてもらいます。

 

 

 

ほかにも細かい指摘がありましたので、全て監督さんに伝えました。

 

次に内部の状況を見るため建物内に。

IMG_2667

LDKの天井羽目板張りが張り終わっています。

コストの関係でクロス系を採用することもあるのですが、やっぱり木の方がいいですね。

 

IMG_2669

本住宅では新しいおさまりを採用しています。

窓額縁の見付寸法(正面からみた窓枠の幅)は、一般的には25~30㎜程度ですが、今回はそれを5㎜でおさめることとしました。

壁仕上が施されるとその状況が分かりやすくなると思います。

ささいなことかもしれませんが、ディテールの集合体が一つの建物を形づくるので、細部のこだわりはとても大切なことだと考えています。

 

 

こだわりのディテールの集合体が 『新しい風景』 を創造するのだと思います。

 

さて工事の方は、いよいよ最終段階に入っていきます。

  • この記事をシェアする
CONTACT
個別に無料相談も随時受け付けています。
お気軽にお問合せくださいませ。
052-433-1930受付時間 9:00-18:00(日祝定休)
お問合せフォーム
NEWS