ストーンヘンジ イギリス -セミバックパッカーの旅日記- - 建築スタジオブログ一覧 - 名古屋市の住宅設計事務所 江川竜之建築スタジオ

ストーンヘンジ イギリス -セミバックパッカーの旅日記-

バックパッカーになりきれない中途半端な ”セミバックパッカー” が巡り歩いた旅日記です!

旅日記の記念すべき第一回目は”ストーンヘンジ”です。

1995年の3月に、初めて海外へ行った時の目的地の1つです。

建築を志していた学生の頃から遺跡マニアだった私は、海外の建築と海外の遺跡を旅程のメインに組み込んでいました。ほかには風土料理と風土の料理・お酒もかかさずにチェックしていました。

ロンドンからソールズベリーに移動して、バスで”ストーンヘンジ”のある地域へ向かいました。イギリスは天気の良くない日が多いと聞いていましたが、この日も例に漏れず天候は悪く、風も強く、とても寒かったことを覚えています。

でも生まれて初めて生で見た海外の世界遺産だったので、とても昂揚して見て回った記憶があります。

ストーン・ヘンジ_02

4000年以上も前の人間の遺志を、カタチとして目の当たりにできたことは、とても貴重な体験でした。

なぜ、どのようにして、など謎ばかりですが、なんともバランスのよい配置と石の積み方は、古代人の何らかの意図を感じさせます。

ストーン・ヘンジ_05

当時のスケッチが残っていました。「う~さむい」という心の声が書いてあります。。。

ストーン・ヘンジ_03

上の写真の中央に写っている巨石は、シンガポールの有名なホテルみたいですね。

ストーン・ヘンジ_06

 

昔も今も考えることは同じなのでしょうか。

遺跡を見ていると近代建築や現代建築とはまた違ったインスピレーションが刺激されるように感じます。

そして私はその独特な刺激を自然と欲しているのかもしれません。

 

ストーン・ヘンジ_04

 

上空に飛行機が飛んできたので、

”古代遺跡と現代文明”のコラボレーションだ!と息巻いて写真を撮りました。(^_^)v

 

”石”のもつ力強さがよく伝わってくる遺跡でした。

  • この記事をシェアする
CONTACT
個別に無料相談も随時受け付けています。
お気軽にお問合せくださいませ。
052-433-1930受付時間 9:00-18:00(日祝定休)
お問合せフォーム
NEWS