チチェン・イツァー メキシコ -セミバックパッカーの旅日記- - 建築スタジオブログ一覧 - 名古屋市の住宅設計事務所 江川竜之建築スタジオ

チチェン・イツァー メキシコ -セミバックパッカーの旅日記-

バックパッカーになりきれない中途半端な ”セミバックパッカー” が巡り歩いた旅日記です!

旅日記の第4回目は、マヤ文明の代表的な遺跡 メキシコの ”チチェン・イツァー” です。

2004年にロサンゼルスから南下し、メキシコ側の国境の町ティファナから入国、その後2週間に渡ってバックパックで横断したメキシコの旅の一幕です。

マヤ・アステカの遺跡には、ず~っと行ってみたかったので、メキシコ旅行は本当に楽しみにしていました。

いざ行ってみると、日差しはとても激しく、少し動いただけでみるみる水分を失っていきました。そうゆう時はすぐにビールで給水です。有名なコロナビールはたくさん飲みました。同じような味の”sol”というビールもいけます!

002

 

 

マヤのピラミッドは独特なフォルムをしており、4方の階段から昇ることができます。その高さ、傾斜具合は見た目以上の迫力で、恐る恐る手を付ながらでないと怖くて昇れません...

上部には神殿があり、地上から24mの高さに位置しています。

 

003

 

 

遺跡の中には広い”球技場”があり、高い壁の上部に輪っかが取り付けられています。

生首を投げて輪っかに通したりしていた、とかいうお話しもあるようです(*_*)

 

004

 

 

 

 

 

そうです。この輪っかです。。。

 

005

 

 

 

 

 

ドクロのレリーフが壁いっぱいに彫られています。おどろおどろしいのですが、どこかコミカルでもあります。

006

 

 

 

 

 

 

神殿にある祭壇

生け贄の心臓をここに捧げたとか・・・

 

 

 

 

007

 

 

 

有名な聖なる泉 ”セノーテ” です。

多くの生け贄の女性がこの泉に捧られたとか・・・

泉の底からは多くの人骨が発見されています。

 

 

 

 

 

008

 

 

マヤの神 ”ククルカン” の彫刻です。羽毛のある蛇の姿をしており、別名を ”ケツァルコアトル” といいます。

なんだか愛らしさすら感じさせます。

009

遺跡は広大なジャングルに囲まれています。

ピラミッドの上からの景色は無限に広がり、とてもきれいでした。

 

  • この記事をシェアする
CONTACT
個別に無料相談も随時受け付けています。
お気軽にお問合せくださいませ。
052-433-1930受付時間 9:00-18:00(日祝定休)
お問合せフォーム
NEWS