アルプスを臨む家 - 設計実績一覧 - 名古屋市の住宅設計事務所 江川竜之建築スタジオ

アルプスを臨む家

アルプスを臨む家のスケッチ
アルプスを臨む家
長野県伊那市
竣工年:2014年/敷地面積:628.31㎡/延床面積:192.85㎡(58.34坪)
構造・規模:木造2階建
総合コメントイメージ

日本アルプスの眺望を楽しむ

本住宅の敷地は伊那市の高台にあります。最初に訪れた際に、その見晴らしの良さに魅了されたことを覚えています。伊那谷のはるか遠方に日本アルプスの山々が一望でき、このロケーションを活かすことを計画の根底に据えました。

プランニングを進めていく中でLDK、和室、子供室、スタディルーム、浴室から眺望を楽しめるようレイアウトを決めていきました。

間取り全体はコの字形状となっており、凹の窪みの部分は将来、塀とデッキスペースを設置してプライベートな中庭スペースに変身する予定です。

吹抜空間と丸太梁

LDKは広く天井の高い一繋ぎの大空間としています。

住宅スケールとしては比較的大きな空間なので、がらんどうな感じを受けないように丸太の梁を1本挿入しました。

製材工場にてこの丸太梁を見せていただき、一目で気に入りました。設置する向き等を打ち合わせて、いざ設置してみると、とてもこの空間に必要なものであったことを実感しました。

キッチンのスポットライトもこの丸太梁の側面に設置することで、照明器具が目立たないようにおさめることができました。

吹抜空間と丸太梁のイメージ

天井のグラデーション

LDKの天井羽目板は桧材を用いています。自然な木目の色合いにてきれいなグラデーションとなるよう、材料を工場まで選定に行ってきました。

無数の材料の中から、まずは大まかに色の入っているもの入っていないものを分け、次に色のあるものの中でも赤みと茶色みを分けて、さらに全体に入っているものと一部に入っているものを分けて・・・
と汗だくで作業を進めました。

最終的には現場の床に並べて順番を整理し、きれいなグラデーションとなるように張っていただきました。

材料選定のご協力をいただいた岐阜県山県市の『丸旭製材』様に感謝感謝です。

天井のグラデーションのイメージ

ステンドグラスとポップな階段

LDKにアクセスする2箇所のドアにはさりげなくステンドグラスを仕込んでいます。クライアントに購入いただいたものを建具職人さんに取り付けていただきました。

『和モダン』ベースのデザインでも、ステンドグラスの柄や使い方によっては違和感無く、いい感じのアクセントになります。

廊下へ至るドアを開けると2階への階段が現れます。

特に蹴上部分が見えてくるので、ちょっとポップな感じになるように塗り分けて遊んでみました。

ステンドグラスとポップな階段のイメージ
CONTACT
個別に無料相談も随時受け付けています。
お気軽にお問合せくださいませ。
052-433-1930受付時間 9:00-18:00(日祝定休)
お問合せフォーム
NEWS